ダイエットについて

事務職だからは言い訳!事務職でも太らない方法とは?

更新日:

痩せたいけど事務職だししょうがない。

太ってきたけど事務職だしな~。

と痩せることや体型維持することをあきらめていませんか?

事務職でも痩せている人はいますので、体質差はあるとは言えでいることはたくさんあります。

今回は、事務職の人の特徴と、オススメのトレーニングや工夫について話をしていこうと思います。

 

 

事務職の特徴

事務職と言えば基本的にデスクワークと言われ、机に座って書類の整理をしたり、パソコンでデータの整理や資料作成をしたり等多岐にわたります。

どれも共通して言えることは、1日のうち、座っている時間が非常に長いということです。

1日中座っていると外に出ている営業マンだととの違いはいくつか出てきます。

  1. 運動量が減る
  2. 筋肉量が減る
  3. 基礎代謝能力の低下
  4. 血流の悪化

等が挙げられます。

どれも親密な関係にあるのですが、さらに追い打ちをかけるものと言えば、間食ですね。

間食が悪いわけではないですが、せんべいやケーキなどのお菓子をガッツリ食べてしまっていると当然消費しきれなかったエネルギーは脂肪として蓄積されます。

では、何をすればいいでしょうか?

太らない為の対策

引用:unsplash Alexander Mils

座っていても運動

座ってても出来る運動はいくつかあります。

あまり激しい動きをしていると「あいつは何をやっているんだ」と思われるのでそこまで激しい運動は出来ません。

それでは一つ目の運動です。

  1. 背筋を伸ばしてイスに浅く座り、イスのヘリを両手でしっかり掴みます。
  2. 両足を揃えて膝を持ち上げて20秒キープします。

次に二つ目です。

  1. 背筋を伸ばしてイスに座り、両手を組んで左右どちらかの太腿の上に置きます。
  2. 次に、踵を上げて太腿を上に押し上げ、両手は太腿を押し下げるようにして、20秒程度お互いに押し合います。
  3. これを左右交互に行ないます。

三つ目です。

  1. 筋を伸ばして両くるぶしをつけた状態でイスに座ります。
  2. 次に両膝の間にクッションを挟んで、下腹と太腿の内側に力を入れ、クッションをギュッと押さえます。
  3. この状態をキープしながら事務職の仕事を行なっても良いですし、20秒ほどキープしたら力を緩め、再び押さえるといった動作を繰り返しても良いです。

少しでも運動をすることで、消費カロリーを増やすことができます。

血流の改善

また、ずっと座っていると体中の血流が悪化します。

1時間に1回など、定期的に立ってストレッチなどを行うのがオススメです。

ストレッチをすることで血流を改善し、基礎代謝能力の低下を防ぐことができます。

また、身体を動かす際には腰を主に動かすと良いでしょう!

腰回りに体幹となる大きな筋肉があることに加え、座っていることが多い人は、腰回りに脂肪がつくことが多い傾向にあります。

腰をストレッチすることで太りにくい身体を作っていくべきだと思います。

食事の改善

幾ら体の消費エネルギーを増やすと言っても、座ったままできる運動にも限界があります。

消費する分を改善したなら摂取する方も改善していきましょう。

ここでも注意する点がいくつかあります。

  1. 間食は出来るだけ控えて、カロリーの低いものを選ぼう
  2. 20時までにはご飯を済ませる
  3. 寝る3時間前からはものを食べない
  4. ジュースなどは出来るだけ控え、水やお茶にする
  5. 食事の最初に野菜を食べて血糖値の上昇を緩やかにする

これ位の制限をすれば、よほどたくさんご飯を食べていない限りはすごい勢いで太るようなことは減らせるのではないでしょうか。

それでは、最後にまとめたいと思います。

まとめ

ポイント

  • 座ったままだと血流が悪くなり基礎代謝能力などが低下する
  • デスクワークは一日の消費カロリーが減る
  • 座ったままでも出来る運動をする
  • 1時間に1回など、定期的に体をストレッチして血行を促進する
  • 食生活を見直す

いかがだったでしょうか?

デスクワークだから仕方がない。

で済ませているとどんどん我儘ボディになってしまいますよ!

1日でも早く対策を打ち、身体を軽くしていきましょう。

 

-ダイエットについて

Copyright© フィジカルメイク , 2020 All Rights Reserved.